全レースが対象!?無料予想サイトで絶対必須な4条件とは

今、無料予想サイトがアツいのをご存知だろうか?

全レースを対象にしていたり、極裏情報があったりとクオリティがもはや有料に勝っているものが多い。

今回は使うための条件とともに最近の事情を紹介したい。

 


使える無料サイトの条件


サイトの条件とは

無料で情報を提供しているサイトは以外と多いことを知っているだろうか?

しかし、数は多いが「たいしたことのない情報」を提供してるサイトも少なくない。

私が使えると断定するときは必ず下記を必須条件としている。

  1. 情報のレースが重賞だけでなく、細かいレースもやっている(多ければ良い)
  2. 的中率は5割を超えていること(最低ライン)
  3. 後払いなどの詐欺(ネットの口コミや記事情報を参照)がないこと
  4. 複勝ではなく、3連複などの予想が欲しい

 

なかなか手厳しい条件だろうか?

これらを超えていないと、とてもじゃないが優良サイトとは呼べないだろう。

求めているのは、平凡なサイトではないということだ。

 


条件を満たせていないサイトとは?


条件を満たせないサイト

条件を満たせないサイトも存在しているのだが、そんなサイトを使う必要性はない。

時間の無駄どころか、勝てないのであれば「馬券代でマイナス」にすらなっている。

私が求めるサイトは、財布からお金が減るような情報ではない。

財布にお金が増える情報が欲しいのだ。

 

みなさんも同じでは

競馬予想術 的中率を高めるための法則 – 当たるための考え方と対策

 

的中率を高めるためには?

今回の競馬予想術は「的中率を高める法則」についてです。

競馬で負けが続くと楽しくないですよね。でもそれってただ運が悪かっただけなのでしょうか?

それは的中率が低いためかも知れません!

考え方と対策を知れば誰でも簡単に競馬が当たるようになるんです。

 

目次
  1. 的中率とは?
  2. 競馬参加者の的中率の平均について
  3. 的中率を高める3つの方法

 

 

的中率とは?

的中率とは?

競馬では二つの率が重要とされています。

それが的中率と回収率です。

この2つが平均を超えることによって、収支はプラスになります。

今回はその2つのうちの「的中率の上げ方」についてご紹介していきます

 

よく的中率を上げても意味がない!重要なのはあくまでも回収率だと言います。

確かに重要度で言えば、回収率の方が大事でしょうが的中率が低い人はいつまでたっても危ない橋を渡っているようなものです。

それに的中率は比較的簡単に上げることができますので、初心者の内はコチラを優先にすべきではないでしょうか?

 

競馬参加者の的中率の平均について

平均的な的中率について

平均的な的中率というのは、購入する馬券にもよるでしょうが「2〜3割」が一般的です。

そしてしっかりと予想している人は半分の確率で的中させることができます。(複勝やワイドなど)

これだけ高い的中率を持っていれば、確実に競馬で儲けられる、つまり生活することができるレベルだと言えます。

 

的中率を高める3つの方法

的中率を高めるためには

的中率を上げる方法は主に3つあります。

  1. 人気の馬を狙うようにする
  2. 購入する馬券の数を増やす
  3. 馬券の購入方法を変更する

 

それでは順番にどういった手法なのかをご紹介していきます。

 

1.人気の馬を狙うようにする

的中率の低い人の特徴は穴を狙いすぎている傾向があります。一発逆転も見込めますがこれまでの結果を振り返ってみると「収支はマイナス」というケースがほとんど。

そんな方は手堅く人気な馬をチョイスするようにするのです。当然ながら、1番人気〜3番人気は通算勝率も高く50%以上です。

純粋に勝率を高めたいのであれば、これらの馬を外さないのがセオリーです。

 

2.購入する馬券の数を増やす

投入資金は増えますが、馬券の数を増やせば的中率は上がります。もちろん当てずっぽうに増やして行くのでは本末転倒ですね。

これまで人気馬を抑えていないという人は、まず上位の人気サイドから増やしていくのが良いです。

上位の馬は通算勝率が50%ですから、あなたの的中率が仮に10%だった場合、上位の馬券を購入するだけで、15%に上昇します。

単勝であれば、資金300円で5%も上昇できるとなるとお得ではないでしょうか?

 

3.馬券の購入方法を変更する

馬券の数や人気馬を考慮したところで、買い目が3連単のみであれば勝率は増えません。

まずは馬券の変更をオススメします。

3連にこだわるのであれば3連複など、少しレベルを下げてください。

そして3連複でも勝率が上がらないようであれば、ワイドや馬連に変更するなどして徐々に自分の予想レベルに調整するのがベストです。

競馬には予想レベルなるものがあり、急に的中率が上がる馬券ゾーンがあります。これを見つければ、的中率も勝率も上がること間違い無し!

 

的中率を上げる重要性

的中率を上げる重要性

的中率と回収率って実は相反するものなんです。

というのも最も当たりやすい馬券というのは複勝なんですけど、複勝はオッズも低く回収率を高めているかと言うと、下げることになります。

また全ての予想目を購入するのも的中率を高める(もはや100%)ですが、回収率はマイナス、つまり0を下回ります。

 

競馬で収支がマイナスな人は回収率は高いのですが、的中率が低い傾向があります。

なぜなら、勝ちに行こうとしているからです。

重要なのは回収率と的中率のバランスです。どちらも捨ててはいけません。

先ほどの的中率を上げる3つの方法を思い出してください。

あれは的中率は上がりますが、回収率は下がるような仕組みになっています。

バランスが取れるところは人によって様々です。無謀な回収予定を下げてまずは勝つことを最優先してください。

 

1番人気をまずは切らないこと

139-5

1番人気を〜なんて言われていますが、3着に入る確率ってご存知ですか?

なんと驚愕の3分の2の確率です。

そんな高い馬を外すなんてできますか?

回収率を求めれば捨てることとなりますが、的中率を求めるのであればこれだけであなたの当たる確率は-5%下がることになります。

重要なのは切るのではなく、軸馬にしないことが大切です。

勝ちではなく、負ける回数を減らす競馬予想術について

皆さんは競馬に望むときにどのようなことを考えていますか?

勝ちたい。負けてもよいけどその日のトータルをプラスにはしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

そんな人は勝つ回数を増やすことを中心に考えがちですが、競馬で大事なのは如何に負けずに収支を増やし続けられるかです。

今回は負けを減らすことを目的にした競馬予想術をご紹介いたします。

 

リスクがなくなるとどうなるのか?

負けるリスクを減らす

今回の競馬予想術で重要なこと。

それは勝つことではなく、負ける回数を減らすことです。

どちらも結局、同じ意味なのではないでしょうか!?

 

いいえ、勝つというのは一か八かで予想して、それが運良く的中して「勝ち」になりますよね?場合によってはトリガミになって、イーブンな結果にもなります。

しかし負けを減らすというのは、勝てる見込みのないレースは避けるという意味です。

つまり、運と勘ではない実力を利用して勝ちを増やすことができる予想術になります。

 

メリットは、回収できる確率が圧倒的に上昇することです。

そして少ないお金で立ち回れるというのが最大の利点なので、軍資金がなくても競馬を楽しむことができます。

 

後ほど馬券術の詳細はご紹介するとして、簡単に説明すると「手堅く利益を上げる」手段であるため、参加するレースを絞ることとなります。

いつも全レース参加していた人には、参加しないレースがあると苦痛かも知れませんが、今回の競馬術はそういった耐える気持ちが必要です。

 

まずは使うお金を減らしていく

掛け金を減らすこと

あなたは競馬の馬券代金をどうやって決めていますか?

大抵は大きい山だったり、来るなと確信(勘)やメディアの情報に踊らされて、掛け金を増やす人が多いと思います。

私はそのような理由で馬券を購入することはありません。

なぜなら、これまでの収支を思い出してみてください。

なかなか利益が出ていない理由の大半が、外れ馬券の積もりになります。100円、200円、1000円と増えて行けば、もはや回収できないほどの量になっています。

なので、負けることを少なくするには掛け金を減らす事。

これが前提と言いますか、第一条件となります。

あなたもむやみに「なんとなく」という理由で馬券を多めに買っていませんか?

 

大穴を狙うのではなく、ワイドで手堅く行く

ワイドで手堅く狙う

では、負けを減らし、マイナスの危険すらも少なくさせる馬券の購入方法。

それは「ワイド」馬券になるんです!

馬券の中でも非常に高い確率で当たるワイドですが、ちょっとしょぼいなんて思いますよね?

ですが、競馬で勝ち続けている人というのは高額ワイド狙いが多いってご存知でしたか?

 

他と比べるとインパクト自体は控えめです。それでも勝ち続けることのできる馬券なのは間違いありません。

それに、馬連なんかよりもワイドで購入した方が、利益が多いってご存知でしたか?

馬連で1通り的中した場合、2000円近い配当があったのですが、3着までワイドで当てていればなんとその6倍近い配当があったりと、以外と美味しいことばかりです。

 

手堅く競馬で稼ぐには?

勝利を掴むには

手堅く競馬で勝利を掴むのに手っ取り早いのはプロの予想を参考にすることです。

さらに3連単なんかの情報をワイドで崩せばさらに的中率は上がり、一気に儲けが出ます。

※この場合、3連複でもよいのですが、ワイドの方が負けも少なくより手堅いです。

無料で使えるサイトも複数存在するので、そういった情報を活用するのが一番手っ取り早い競馬での稼ぎ方です。

追い切りとは?競馬用語の意味・見方を徹底紹介

追い切りとは

本日は追い切りとは?をテーマにし、競馬用語であるこの言葉の意味や、実際の情報の見方をご紹介いたします。

競馬予想にも役立てるこの情報は覚えておいて損はありませんよ!実際に知らない人は今よりも勝率がグンと上がること間違いありませんからね!

実際に私が追い切りを意識して予想した結果、勝率が10%近く上昇したのを証拠に、非常に有効な情報だと言えるはずです。

目次
  1. 追い切りとは?
  2. 追い切り情報の活かし方

追い切りとは?

追い切り情報とは

追い切りとはレース前の出走馬のコンディションを抜群にするために行われる調教の事をいいます。

どのような調教をして、どのようなタイム結果を最近出したのかを知る事ができるのが追い切り情報です。

分け方として本追い切りや、最終追い切りという種類があり、予想情報で参考にされるのは俗に呼ばれる「最終追い切り」です。

ただ最終という言葉にまどわされやすいのですが、行うのはレースの3-4日前だそうで、本当の最後という訳ではなさそうですね。

どちらにしろ、レース直前の調教であることには変わりないため、順位を考える上でとても参考になるのです。

続いて、追い切り情報で見るべきポイントをご紹介いたします。

追い切りで見られる予想タイムとは

主に見るべきポイントは何と言ってもその馬のタイムです。

つまりどの距離をどのくらいで走ったのかを知る事ができれば、だいたいの馬力を計れると思いませんか?

実際にそうなんです。他の方や、私ですらタイムを参考にして考えます。

しかしただ数値を見て善し悪しを決めてはいけません。

追い切りには場所や、出走馬に合わせて調教方法を変えるからです。

例えば尻上がりタイプの馬であればウォーミングアップ程度で走らせて、体をならしたりしますが、そうでない馬の場合は全力で走らせて、当日の空気を感じさせるなどタイムだけじゃない調教を行います。

主な方法として、前を走って追わせる調教や、先頭に誰もいなくても全力で走るための調教などが存在します。

全て馬に合わせて細かくトレーニング分けしているので、タイムを参考にしただけではここまで読み取れません。

それに美浦トレセンや栗東トレセンで時間に差異がでてきますので、最終的にチェックするのはタイムだけではなく、どんなトレーニングを施したかが重要ではなんです。

だいたいタイムと一緒に内容も公開されてるので、果たしてどうしてそのような対処を取ったのか?不調子なのだろうか?とくまなく考えることで勝てる予想を生み出す事ができます。

と言っても私は一々把握するのも大変なので、大勝負のレース以外はだいたい時間で考えています。

追い切り情報の活かし方

追い切り情報の活用方法

では実際にどのようにして情報を活かすのかご紹介していきます。

どんなに凄い武器だろうと、使い方を知っていなければただのゴミです。高くは売れるかも知れませんがね。

もちろんそれは追い切り情報も同じことで、ただ知っているだけでは意味がありません。

活用してなんぼなのです。

追い切りはタイムだけでなく過去と比較する

追い切り情報の神髄は過去情報と比較することにあります。

比較することでどれほどの差がでたのかを把握して、比較することで簡単にどういったトレーニング成果が出たのかわかります。

全てを司る情報とは言えませんが、やはり最終チェックとして参考になります。

もし今までなんとなく予想していたり、人気馬から選出しているようであれば追い切り情報を活用してみてください。

データを読み取れなくても予想サイトを使えば同等以上の予想情報が得られます。

【激アツ】競馬予想無料が当たる!全レース情報公開サイトの駆使して勝利へと導け

皆さんは競馬無料予想情報に興味はないでしょうか?

有料で情報を公開している所もあるのですが、何のリスクのいらない方法を選ぶのが賢く、勝っている人のやり方でもあります。

今回は情報が当たるのか?や全レース情報を公開しているサイトについてご紹介いたします。

競馬無料予想について

競馬無料予想について

まず皆さんはどのようにして競馬予想を行っていますか?

新聞を便りにする人もいれば、はたまた雑誌を確認したりする人もいるでしょう。

謎のコミュニティに参加してみてはみるものの「結局当てられない」というのが現状ではないでしょうか?

それもそのはず、新聞もコミュニティも予想ではなくどちらかというと情報やニュースといったものに焦点を当てている気がします。

だから勝つのは正直難しいんだと思います。

実は勝っている人はこれらのものを利用していません。利用するのは競馬の無料予想だそうです。

なんたって無料というポイントが大きく、デメリットがないのが非常に良いそうです。

でも本当にタダで貰える情報は当たるのでしょうか?

 

無料予想は当たるのか?

割と使っている人達の感想を聞いていると、無料だからなんとなく使ってみたのがきっかけという人が多いです。

しかしそういった人達は使ってその的中の高さを知るそうです。

それもそのはず、無料予想の的中率ってどれくらいかご存知ですか?

タダで情報を提供しているところは複数存在していて、全てが勝ちまくっている訳ではありません。

またサイトによっては全レースではなく、1レースしか配信していないというケチ臭いところもあります。

重要なのは、従ってサイト選びと言えるでしょう。

これを読んでいる人は間違いなく最後にはサイト選びがばっちりになっているはずです。

 

全レースを確認する方法

全レースの予想

先ほども説明した通り、1レースしか公開していない所も普通に存在しています。

むしろ5サイト中4サイトはだいたいそういう作りで有料情報が中心というものばかりではないでしょうか?

しかし、全レースもしくはほとんどのレースを確認できるところがあります。

これは後ほど紹介させていただくのですが、今まで無料情報を使って来た人も改めて使ってみて欲しいですね。

と言っても実際に参加してみるとわかるのですが、全レースの参加ってかなり大変です。

例え予想情報があっても、終始はりついていないといけないので途中でダレます!笑

それでも競馬で稼ぎたいという人は挑戦してみてください。

 

競馬無料予想は評価を見ろ!

良いサイトと悪いサイトは全く違うようなものですが、実は共通点があります。

それはどちらも利用ユーザーがいて、評価されやすい点です。

貴方は良いサイトが見つかったらどうしますか?自分のためだけに隠しておきますか?

人間の心理上、良いことがあると「自慢」したくなるものです。

だから良いサイトは自然と良い評価が集まります。

そして悪質(ネットの口コミや記事情報を参照)か優良かわからないか優良かわからないだった場合、こちらも自然と評価が集まります。

なぜなら想像を反した結果が生まれた場合、それを足蹴にしたくなるからです。

つまりどちらも紙一重でありながら、判別手段として「評価」が有効だと言えるのです。

 

いま一度、競馬を予想しても負けるのかを考えろ

188.jpg

何故、予想を行っても当たらないのか?

アナタはジックリと考えてみたことがありますか。

意外なことに勝ちよりも、負けた時のことを見直した方が良いこともあります。

 

これまで負けが知り合いがある日を境に勝ち続けるようになりました。

その時に行ったのが自信の予想の悪さです。

適当とまでは行かないものの、データや根拠が全くないもので予想、つまり自分の勘を便りに予想していたんです。

 

変えたのは情報源。無料でも良いから当たる予想サイトの情報を見る事で、自分の予想力に気付いたと言う訳です。

 

189.jpg

良い情報を仕入れる。これだけで以外と競馬に勝てるようになります。

質の良い情報=勝率の高さなので、徹底的に情報を集めてみてください。

そして、多数決でいいので、集めた情報でどの馬がオススメと言われていたのか集計します。

1番オススメと言われた馬が最も勝率が高いという訳です。だから、予想サイトは複数登録しておいた方がいいのです。

 

競馬予想を当てるために必要な準備をしよう

197.jpg

競馬予想を当てる為の準備を行っていますか?

土日のレースに参加するのであれば、確実に準備しておいた方がよいものがあります。

まずその1つが予想サイトへの登録の準備です。

前の項目で、情報を仕入れるのが大事と伝えましたが、その役目を果たしてくれるのが一般公開しているサイトということです。

事前に登録していないと、当日に情報を貰えなかったりします。なので、木曜日ぐらいまでには登録は済ませておきたいですね。

何を登録すれば良いのかと悩みどころではありますが、なるべく多くのサイトを登録しておくと良いです。

無料情報では全てのレースをかばいきれませんので、複数利用することで情報の少なさをカバーすることができますし、大抵の競馬で勝ち続けている人が実践している技でもあります。

できるだけ仕入れる情報に対してもお金を使わないというのが、総合的に競馬で儲けるためには重要なのです。