【知らないと逮捕?】競馬の税金はいくらからかかるのか?申告と対策方法について

競馬の税金はいくらかかる?

これまで何も気にせず参加していた競馬で税金はいくらかかるのか?あなたは想像してみたことがありますでしょうか?

今回は申告方法と払わなくても良い対策方法についてご紹介していきたいと思います。

この記事で伝えたい事
  • 何故競馬で税金がかかるのかわかる
  • 正しい申告方法が理解できる
  • 無駄な出費を防ぐ対策方法のご紹介

そもそも本当に競馬に税券はかかるのか?

競馬に税金はかかるのか?

始めの一歩として、競馬に税金なんてそもそもかかるのか?

以外と知られていないと思いますが、実はあるんですねこれが!

気軽に参加できる公営ギャンブルと言っても、お金が入ればそれは年末調整を行わないといけないというのが日本のルールでもあります。

しかし実際にそんなことやっている人もいなのではないのか?何もしなくても通知などこないのではないでしょうか?

知らなかったでは逃がれられない税金システム

そんな注意事項、競馬予想時に聞いた事もないというのが大半だと思いますが・・・それは間違った情報であり、多くの人達が知らないのです。

なんと購入して予想が的中した馬券に税金というのは発生するのです。

ここで注目していただきたいのが、的中した馬券だけということ。

例えばですが、100円の馬券を2つ購入したとします。

そして配当は悲しいですが、200円とした場合はどうなるでしょうか?

一般的な計算方法では、出費が200円になり、戻ってきたお金が2oo円なので損得は無し。

つまり0に0をかけてもプラスにはならないので納税の義務はありません。

というのが謝った考えだったのです!

非常に残念ですが、競馬というのは的中した馬券にのみ納税対象となるため、結果的に100円得しているとみなされ、納めないといけないのです。

いやー、当たったのだけ的中というのはなんとも納得できません。

一般的なアナウンスは基本的にない

しかし現状は支払っていないという人が多いようです。

というかむしろ競馬に対して税金が発生することすら知らないという人の方が多いのです。

なんせ一般的にアナウンスなど行っておらず、完全自主申告制によるもなのですから。

また購入した分が発生するのではないというのもインチキ臭いと感じる所存ですがいかがでしょうか?

ただし、一部の人を除くと連絡自体は行われているようです。

それが高額的中者です。PATのデータ自体は国に送られており、高配当の的中者には納税の連絡が行われたそうです。

税金は支払わなくても大丈夫なのか?

説明した通り、既に数名には通知が送られています。

でも数名というのはどういことでしょうか?まさか競馬で勝っている人が数名しかいない訳ないですもんね。

税務署が処理を行っているようなのでうが、恐らく恐らく高額的中者を選定して連絡しているようです。

WIN5を過去に的中させ、超高額配当を手にした男性にはすぐさま通知が送られたそうですよ。

普段の仕事は遅いのにこういったときだけ機敏な動きを見せてくれます。

実際に動き出すお金の目安として500万円と言われています。ただ、一発の的中額なのか、年間での的中額なのかは定かではありません。

もちろん500万円以下でも納税の対象ではありますが、それらを下回る競馬ユーザーは数多く存在していて、国で動いて確保するのには割に合わないのでしょう。

やるならまずは税金のシステムを周知させることが必要でしょうからね。

支払う義務はあるものの、果たして払わなくてもよいのでしょうか?

日本のルールとして支払うのは当然のことです。

だけじ現状は払わなくても問題ないというかなりグレーゾーンに近いのです。

PATの場合は危険性が高い

PATだとばれる可能性がある

競馬での納税は行わなくても大抵問題ない可能性が高いと書きましたが・・・PATとよばれるwebサービスを利用しての的中はごまかせません。

あくまでも問題視されていないのは、競馬場で購入した馬券に対してであり、PATはすでに個人情報も入力されていますし、データが国に渡っています。

通知なんてきたことないぞ!?と言う人もいますが来ていないだけであって、税の未払いという処理にはされています。

もしかすると数年後にまとめてなんてこともありますのでお気をつけ下さい。

あなたが絶対に当たる競馬情報を掴んだときはwebからではなく、手間ひまかかりますが場内で購入するようにしましょう。

対策方法は存在するのか?

税金対策について

先ほどの項目をもう一度言わせていただきますが、税金の対象はあくまでも的中している馬券のみ!ハズレた馬券に関しては一切関係がありません(ふざけんな!)

以前に西日本でとある男性社会人が納税を行っていないということで裁判が行われたんです。

その男性はなんと年間で約50億近い金額を手に入れていたそうですが、はずれ馬券などを含めた投資額は約45億円だったので、実際にプラスとなったのは5億円程度だったそうです。

しかし裁判側はハズレ馬券は含まないと宣言し、実際の収益は約20億だと告げたのです。

もちろん5億と20億の税金は全く異なっているというのはわかりますよね?

競馬を投資というのなら、外れ馬券も投資の出資として考えられるべきだと主張した結果・・・なんと外れて無駄となったものも出資として認められたのです。

これで晴れて、約5億円分だけの納税ですんだのです。(それでも高すぎ・・・)

つまり対策方法として、外れた馬券を計算しておくようにしましょう。

不当な税金を求められることもなくなる対策方法とも言えます。

申告はどのように行えるのか?

申告はどのように行えるのか?

実際のところ、確定申告を行っているという競馬ユーザーはあまり存在しないと思いますねー。

実際に私の知り合いに話を聞いたところ、行った事はないと言っていましたしね。

それに競馬場で馬券を購入する行為自体、個人情報は必要ないので誰がどれだけ購入したかなんてわからないですよね?

それでも不安だから申告だけは行っておきたいという方は割と簡単に行えます。

ただ問題なのは、会社勤めで働いている場合、会社に申請を出すか、自分で申告を行うからという理由で手続きを行わないといけないのです。

競馬をやっていると言える環境ならいいですが、全ての人がそうではないと思いますし、副業として捉えられるのではと思いますよね。

あなただけに教えたいサイト
レープロ

最近の結果

開催日 レース/プラン 収支
3/24 中山4R(プレミアムアリーナ) 231180円
3/24 阪神3R(スタンダードアリーナ) 292560円
3/17 中山3R(スタンダードアリーナ) 16320円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。