血統理論の方法とコツ-競馬予想が楽しくなる!

 

073.jpg

競馬予想には様々な手段と考え方がある。人気から考える予想方法や、パドック予想など実に競馬は奥が深い。

今回は昔から存在する競馬予想「血統理論」について紹介します。

血統理論は奥が深く、一度理解すれば競馬予想がさらに楽しくなるので必見ですよ。

目次
  1. 血統理論とは
  2. どのようにして血統理論を活用するのか?
  3. 血統の根幹を知る
  4. 各馬の特徴
  5. まとめ

血統理論とは

血統理論とは

競走馬は厩舎という場所でこれまで幾度となく改良され続け、速く走れるように研究されています。

そしてその中でもタイムに大きく影響を与えるのが「血統」なのです。

極論で言いますと、遅い馬と遅い馬からでは出来の悪い「馬」が生まれます。

逆に速い馬と速い馬からは「良い馬」が生まれてくるのです。

もちろんこれは血統理論の極論であり、必ず生まれてくる子供が親の技術を100%引き継ぐ訳ではありません。

しかし、子供が親に似るように子馬も親馬に似ます

なのでダートが得意な馬から、ダートの得意な馬が生まれやすいですし、長距離レースが得意な親馬からは、長距離レースが得意な馬が生まれやすいのです。

それに、厩舎でもそのように育てられるというのも面白いところであり、血統理論が競馬予想に通用するところでもあります。

説明したように得意なものをもった親馬から生まれて子馬には、得意な分野を鍛えようと調整されます

そうすることで効率よく速くて強い競走馬を育てることができるからなのです。

どのようにして血統理論を活用するのか?


血統で予想をしていく上で重要なことは、どれだけ根幹を知っているかが重要です。

逆に知っていないと一々情報を探す手間が増えるので、全レースの予想は困難となり競馬自体に参加できない可能性だって考えられます。

これまで誕生してきた競走馬はいくつもあり、それらをこれから把握していくなんて無謀でしょう。

しかし、競走馬というのは元を辿ると3頭の馬にしか辿り着きません。

まずはこの3頭を知ることだけでも充分に血統理論を活用することができます。

  • バイアリーターク
  • ゴドルフィンアラビアン
  • ダーレーアラビアン

3大始祖とも呼ばれるこの馬は優秀な成績で、多くの競走馬を誕生させました。

現在はこの馬から誕生した馬達がさらに分けられて、4つの系統が誕生しました。

それでは実際に各系統の特徴を見て行きましょう。

各馬の特徴

各系統の特徴

それでは早速、4つの系統の特徴をご紹介いたします。

まずはターントゥ系からです。

サンデーサイレンス系統の特徴


国内でも人気の競走馬がこのサンデーサイレンス系になります。

代表馬はディープインパクトやステイゴールド。マンハッタンカフェなど競馬を知らない人でも聞いた事があるような馬もいます。

この系統の特徴はなんといっても、スピードが速いことですね。

全体的にパワーの力強さは他よりも劣るという印象ですが、平均以上の力を持っており、どんなレースにも食いつきやすいのが特徴です。

要は馬自身が賢いので、中距離から長距離レースで本領を発揮することになります。

競馬予想に活用するのであれば、軸馬の相馬として入れておくと的中率が上がります。

ネイティブダンサー系統の特徴


ダートで活躍する競走馬が多いネイティブダンサー系。

スピードもありながら、全体的に馬力があるのが特徴的でしょうね。

活躍している馬はオグリキャップや、キングヘイロー。エルコンドルパサーにキングマンボなどが挙げられます。

もちろんダートだけじゃなく芝コースもこなすのですが、ダートレースの時は積極的に軸にしていくのがお勧めです。

万能な馬が多いの、個人的には一番お勧めの系統です。

ナスルーラ系統の特徴


ネイティブダンサー系統とは代わり、ダートよりも芝コースが得意な系統です。

芝の勝率は高いのに対して、ダートは結構勝率が落ちるので確信がない限りは極力、ダートの時は避けるべき系統です。

しかし得意な芝になると一気に豹変。また長距離が得意なので第1戦目の勝率が高いのでお勧め。

1R〜4Rで相手が見つからない時など、上記条件に当てはまれば狙っていい系統です。

ノーザンダンサー系統の特徴


モガミ、メジロライアン、オペラハウスや大活躍を成し遂げたノーザンテースト系統だ。

最近ではクロフネも代表格と言えるでしょう。

ノーザンダンサー系統の特徴はなんと言っても、溢れんばかりのパワーにあります。

特にそのパワーは馬の力を綺麗に出す事のできる芝レースに活かされ、20%近い勝率を得ています。

また、天候にも負けないような馬体を持っており、上位に食いつきやすいのです。

しかし、左回りのレースが苦手だったりという少し変わった特徴ももっており、コースの状況によってタイムに影響が出る事が多いようだ。

まとめ

今回は血統理論の初級者知識として、有名な系統の特徴を紹介させていただきました。

競走馬の血統はJRAのホームページで公開されているので、予想に困ったらまずは考えることなく、系統で判別してみると良いでしょう。

あなただけに教えたいサイト レープロ

最近の結果

開催日レース/プラン収支
3/24中山4R(プレミアムアリーナ)231180円
3/24阪神3R(スタンダードアリーナ)292560円
3/17中山3R(スタンダードアリーナ)16320円


血統理論の方法とコツ-競馬予想が楽しくなる!」への2件のフィードバック

  1. アドレナリンはやっぱり情報が嘘くさい。操作してるってのがモロバレ。
    だって良い所のサイトが普通とか微妙判定なのに、ミーゴーサイトが上位とかランキングにしてもありえない。

    • 評価: Array
  2. いやー、これで予想できるやつはマジカッケー
    友達に1人いるんだけど、やっぱり的中率もそこそこあるんだよねなー
    やり方自体はそんなに難しくないけど、敷居は高い。

    • 評価: Array

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。