日本中央競馬会を攻略せよ – JRA(日本中央競馬会)という団体について

 

053.jpg

日本から資本金を出資されている国が認めた運営団体「JRA」=「日本中央競馬会」。

様々なレースを開催し収益化することを行っている団体である。

今回はJRAの実態や、仕組みについて紹介し、日本中央競馬会を完全予想しましょう。

 

目次
  1. JRAとは
  2. ブランド戦略を繰り出す現在
  3. 今後乗り越えるべき課題
  4. まとめ

 

JRAとは

競馬を語る上では外せないというか、語る必要もない存在。それがJRAである。

JRAが存在するから競馬が開催されると言っても過言ではない。

主に行っていることは競馬開催の監督、そして馬券の販売である。

また自社サイトでは様々な予想情報やレース情報を公開しており、競馬利用者を高めようとしているようだ。

国から認められている団体ということで、全額出資されており1700人以上の社員を抱える大手以上の会社である。

まだインターネットが普及する前は存在は知っていても、影の暗躍者としてあまり表舞台には立っていなかった。テレビCMなどで搭乗するくらいだったのだが、インターネットによる競馬投票が可能になった時点で一気に大きく出て来た。

即patにより競馬利用者は増えて、さらなる成果を出している。

現在は競馬=ギャンブルという考えをぬぐい去るために様々な戦略が見受けられる。

 

ブランド戦略を繰り出す現在

スクリーンショット 2016-09-13 20.55.52.png

大きなレースが開催されるとなれば、特別なCMを展開したりと現在はブランディングが目立つ。

また起用されている有名人も豪華で、有村香澄、英多、鶴瓶と有名ドラマ並である。

最近では海外競馬を進めてくるなど、これまで日本を中心としてきた戦いのエリアをさらに広げようとしている。

その気になれば毎日競馬を行うこともできるようになってきている。

しかし肝心のギャンブルという概念はいまだに抜けておらず、熱中者を作ってはいるものの、外から見た人達の意見を変えることまではできていないようだ。

 

現にCMなどを見ている競馬アンチはあざといなどと言われている。火に油を注いでいるだけのようdが、利用者は年々増えているので効果は出ているのだろう。

 

また、独自の情報も公開しており様々なデータをJRAで見る事ができる。

昔はただの注目レースの紹介だったり、競走馬のピックアップだったのだが、現在は予想情報を支えるデータを数多く排出しているようだ。

それでも予想サイトほど情報を提供している訳ではないので、競馬新聞感覚で見るのが良いだろう。

 

今後乗り越えるべき課題

競馬女子という言葉を聞いた事があるだろうか?

実際に検索するとわかるのだが、女性が団体で競馬に参加するという少し前までは考えられない光景が表示される。

実際に競馬をやる女性というのは増えているようだが、実際のところはそれほど増えていないらしい。

ほとんどがJRAによるモデル写真だということが最近になってわかり、競馬女子は作られた妄想だということが業界者から明かされている。

なので今後はもっと参加率の悪い女性を本当に取り組めるかがJRA拡大の課題となるだろう。

 

UMAJOという専用サイトもある

スクリーンショット 2016-09-13 21.11.18.png

こちらがUMAJOという女性向けのJRAのサイトである。

ジョッキーコレクションと題して、イケメンジョッキーを紹介したりと完璧に競馬予想から外れており、ジョッキーがイケメンだからという理由で予想なんてしていたら、勝てる訳がない。

結局お金だけがかかって継続的なファンにはならないだろう。

さてJRAはどういった戦略プランを持っているのだろうか?そして成功するのだろうか?

誰にも答えはわからない・・・

 

まとめ

今回は競馬を取り仕切るJRAについてご紹介したのだがいかがだったろうか?

データの数々は見る価値が充分にあるので、まだチェックしていない人は見ておくと良いだろう。

ただJRAを見て美味しい思いをすることはないので、信用しすぎるのもよくない。

あなただけに教えたいサイト レープロ

最近の結果

開催日レース/プラン収支
3/24中山4R(プレミアムアリーナ)231180円
3/24阪神3R(スタンダードアリーナ)292560円
3/17中山3R(スタンダードアリーナ)16320円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。